中部圏の地層境界面の分布 CGアニメーション

ここでは、中部圏に分布する沖積層、洪積層、東海層群の三次元地質境界モデルをご覧いただけます。

中部圏地図

CGアニメーション

再生 接続回線速度に応じたボタンを左クリックしてください。
ダウンロード ボタンを右クリックし、[対象をファイルに保存]、[名前を付けてリンク先を保存]等のメニューで保存してください。
中部圏CGイメージ

ナローバンド用(wmv形式; 2.1MB; 軽量;)  ブロードバンド用(avi形式;13.0MB; 高画質;)

CGファイルをご覧頂くためには、対応する閲覧ソフトが必要です。[CGをご覧になるには]をご参照ください。
ボタンを右クリックしてご自分のコンピュータにダウンロードしてから再生されると、よりスムーズにご覧いただけます。

CGでご覧いただける地層境界面

名称説明
沖積層の下面沖積層は、約1万年前から現在までの間に堆積した地層で、下面は、濃尾平野では東に向かって高くなります。層厚は、場所によって大きく異なりますが、濃尾平野の河川沿いや伊勢湾海岸沿い付近の深いところで約40mになります。
洪積層の上面洪積層は、約300万年前から約1万年前までの間に堆積した地層で、上面は、東に向かって高くなり、濃尾平野ではなだらかに、岡崎平野ではやや起伏が大きくなっています。層厚は、場所によって大きく異なりますが、深いところでは60m以上になります。
東海層群の上面東海層群は、約300万年前までに伊勢湾を取り巻く地域に広く堆積した地層です。ここでは、それ以前の地層も含め、本調査で確認できた範囲をまとめて表示しています。上面の起伏は、やや大きくなっています。

この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図250mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平19総使、第165号)

近畿圏 | 中部圏 | 首都圏